2010年02月17日

三田文学新人賞に岡本英敏さん(産経新聞)

 第17回三田文学新人賞(三田文学会主催)は、岡本英敏さん(43)の評論「モダニストの矜恃(きょうじ)−−勝本清一郎論」に決まった。賞金50万円。授賞式は4月10日、東京・三田の慶応大三田キャンパスで。

<将棋>王将戦七番勝負第3局 静岡県掛川市で始まる(毎日新聞)
虐待と判断し病院が異例通報 継母逮捕の女児死亡事件(産経新聞)
アンチエイジングをテーマに大阪でシンポ(産経新聞)
せんとくんに蓮花ちゃんからチョコケーキ(産経新聞)
禁煙守らぬ職場や人に罰金 厚労省が内部で検討(J-CASTニュース)
posted by ウガジン ヒロユキ at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

私は除籍なのに…元民主の浅尾氏が石川被告との違いをぼやく(産経新聞)

 「私が離党届を出したときは受理されず除籍になった」−。みんなの党の浅尾慶一郎政調会長は12日の衆院予算委で、政治資金規正法違反罪で起訴され民主党に離党届を提出した石川知裕被告(衆院議員)を引き合いに出し、「悪いことをした人は除籍にならないが」と恨み節を漏らした。

 浅尾氏はかつて民主党に所属。昨年8月の衆院選でみんなの党から出馬するため、党を除籍になった。当時、幹事長だった岡田克也外相は答弁で「公認候補がいながら離党して立候補するというので、除籍したのは当然だ」と説明したが、浅尾氏は納得がいかない様子だった。

【関連記事】
台本書いたのダレ?石川&小沢“偽装”離党で幕引き図る
石川被告離党に閣僚から評価の声相次ぐ
北沢防衛相「きちんと本人が身の処し方を定めた」 石川被告の民主党離党で
鳩山首相、石川議員離党は「熟慮重ねた重い結論だ」
石川議員 離党はけじめにならない

鳩山首相、「六幸商会」の株手放す(産経新聞)
<小沢幹事長>5月訪米を前向きに検討(毎日新聞)
司会者の玉置宏さん死去(時事通信)
<鳩山首相>小沢氏「責任論」区切り図る(毎日新聞)
参院会派過半数でも連立重視=鳩山首相(時事通信)
posted by ウガジン ヒロユキ at 23:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。