2010年06月18日

証拠隠滅図る?本格調査直前に通帳裁断 阪大院研究室の不正経理疑惑(産経新聞)

 研究員給与のキックバックやカラ出張の疑惑が浮上している大阪大学大学院医学系研究科・医学部の元教授(64)の研究室で、この疑惑について大学が調査委員会を立ち上げる直前に、通帳2通がシュレッダーで裁断されていたことが17日、産経新聞の取材で分かった。研究室で管理されていた通帳とみられ、一連の疑惑にかかわるプール金の口座通帳だった可能性もある。調査委員会も把握しており、証拠隠滅などの疑いもあるとみて関係者から事情を聴くとみられる。

 関係者によると、通帳がシュレッダーで裁断されたのは5月27日昼ごろ。元教授の研究室内で行われたという。このころ阪大では、一連の疑惑について医学系研究科による事前調査がほぼ終了し、調査委員会による本格調査の準備が進められていた。

 裁断された通帳は、表紙が緑とえんじ色の計2通。片仮名で元教授の氏名が記載された紙片も確認された。

 阪大によると、調査委員会は研究室に関連する口座の存在を把握しており、その通帳の記録について調査も進めている。裁断された通帳の口座が、調査委員会が確認している口座と同じかどうかは不明。ただ、給与のキックバックやカラ出張の返金をプールしていた口座だった可能性もあり、調査委員会が関連などについて調べている。

 元教授は産経新聞の取材に対し、通帳の裁断について「私がなぜそのようなこと(重要書類の廃棄)を指示する必要があるのか。本当によく分からない。誰にも何も言っていない」と関与を否定している。

【関連記事】
消耗品偽りPC5台購入 研究室、書類偽造依頼か 阪大院不正経理疑惑
講師にカラ出張要求 研究室ぐるみ強まる 阪大院不正経理疑惑
阪大院不正経理、大学側の出張費管理にも問題 「新たな仕組み必要」
阪大院不正経理疑惑 「カラ出張費」も還流か 昨年末から計30万円
4000万円詐欺容疑で元職員を書類送検 神奈川県不正経理
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

日テレ社員装い約5万円詐取 容疑の無職男を逮捕(産経新聞)
交通事故死、半数が高齢者(医療介護CBニュース)
国会閉会、7月11日参院選へ(読売新聞)
選手も監督も地味だけど…「世界を驚かせてほしい」(産経新聞)
首相、迅速対応を指示=都城市で口蹄疫―政府対策本部(時事通信)
posted by ウガジン ヒロユキ at 17:11| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。