2010年04月02日

<新型インフル>ワクチン輸入 257億円分解約(毎日新聞)

 長妻昭厚生労働相は26日の閣議後会見で、英国の大手製薬会社グラクソ・スミスクライン(GSK)から購入予定だった新型インフルエンザワクチン7400万回分のうち2368万回分(32%)について、購入契約解約で合意したと発表した。257億円の経費を節減できるという。

 長妻厚労相は「(メーカー側に)瑕疵(かし)がない場合は解約できないというので交渉が大変難航したが、GSK社とは決着した。もう1社(スイスのノバルティス)については、非常に厳しいが交渉実行中」と述べた。【佐々木洋】

【関連ニュース】
新型インフル:ワクチン接種は推定2278万人
新型インフル:成人向けワクチン接種、都が18日から開始
新型インフルエンザ:ワクチン接種は2278万人
新型インフルエンザ:対策で苦慮 高校入試追試験/ワクチン接種
新型インフルエンザ:出雲や斐川で、受験生にワクチン集団接種 /島根

15歳少年、母刺す=殺人未遂容疑で逮捕−京都府警(時事通信)
新種の人類 4万年前、露南部で生活 骨片のDNAで判明(毎日新聞)
恵みの海 つめ跡深く 津波1カ月、苦境の被災漁業者(河北新報)
首相動静(3月25日)(時事通信)
日本の医療制度を守るために(医療介護CBニュース)
posted by ウガジン ヒロユキ at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。